細川家

第61話

第61話 桜のお城 小倉城 小倉城周辺では、染井吉野(ソメイヨシノ)を始め、八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)、枝垂桜(シダレザクラ)、舞姫(マイヒメ)など約300本の桜が楽しめます。まさに「桜のお城」といってもいいでしょう。 …

第61話 もっと読む »

第59話

第59話 庭園として長い歴史を刻む「小倉城庭園」 小倉城の入城施設として、平成10年(1998年)に開館したのが「小倉城庭園」です。 かつてこの場所には別の建物が建てられており、天守閣とは異なる歴史を紡いできました。 い …

第59話 もっと読む »

第58話

第58話 八坂神社の歴史と成り立ち 小倉藩初代藩主・細川忠興(ただおき)は、小倉の町にさまざまなものを残しています。 主なものとして、「唐造り」の小倉城や、京都の町を手本にし碁盤の目状になっている小倉の城下町、小倉の夏の …

第58話 もっと読む »

第57話

第57話 天守閣再建ものがたり 皆さんは、現在建っている小倉城の天守閣がいつ頃建てられたものかご存知でしょうか。 小倉城の天守閣は一度焼失しており、約120年に渡って天守閣のない状態が続いていましたが、昭和34年(195 …

第57話 もっと読む »

第56話

第56話 紫川にかかっていた2つの橋常盤橋・豊後橋 小倉南区から小倉北区にかけて流れている紫川。 現在は下流を中心に多くの橋が架けられていますが、江戸時代にはわずか2本しか架けられていませんでした。 今回の「小倉城ものが …

第56話 もっと読む »

第54話

第54話 信仰と愛に生きた小倉藩家老・加賀山隼人 かつて小倉の町はキリスト教が盛んでした。 小倉藩初代藩主の細川忠興も、妻・ガラシャが熱心なキリシタンだったこともあり、キリスト教を保護する側の立場でした。 忠興が治める時 …

第54話 もっと読む »

第53話

第53話 初代小倉藩藩主・細川忠興の茶の師匠「千利休」 茶人として有名な千利休(せんのりきゅう)。歴史ドラマに出てくることも多く、名前を知っているという方も多いのではないでしょうか。 実はこの千利休、小倉藩にも大いに関係 …

第53話 もっと読む »

第47話

第47話 江戸時代の小倉の名産品「三官飴」とは? 小倉の名産品といえば何を思い浮かべますか? 合馬たけのこやぬか炊き、お菓子もいくつか思い浮かびますよね。 実は、江戸時代にも小倉に名産品が存在しました。 その名も「三官飴 …

第47話 もっと読む »

第46話

第46話 英彦山と小倉城との結びつき 小中学校の遠足やキャンプ、高校、大学の合宿研修などで「英彦山(ひこさん)」を訪れたことのある北九州市民の方は多いのではないでしょうか。 今でこそ小倉城とは別の自治体に属しますが(英彦 …

第46話 もっと読む »

第45話

第45話 全国でも有数の広さを誇る小倉城の天守 前回の「小倉城ものがたり」ではお城の天守の分類を解説しました。 天守には現存天守、復元天守、復興天守、模擬天守の4種類があること、小倉城はそのうち「復興天守」に属することを …

第45話 もっと読む »

Scroll Up